沿革

history
  • 1960年(昭和35年)

    浦野辰三郎よって創業。消火器・避難器具の販売を開始する。

  • 1961年(昭和36年)

    会社組織とし、『浦野工業株式会社』とする。

  • 1962年(昭和37年)

    消火器代表メーカーの 「ヤマト消火器株式会社(平成元年ヤマトプロテック株式会社に社名変更)」 と代理店契約。

  • 1970年(昭和45年)

    創立10周年を迎える。

  • 1971年(昭和46年)

    ヤマト消火器株式会社(平成元年ヤマトプロテック株式会社に社名変更)の日本全国優秀代理店の売上順で第1位となる。
    以後現在まで第1位を確保している。

  • 1974年(昭和49年)

    埼玉営業所を開設。

  • 1977年(昭和52年)

    防災設備代表メーカーの「能美防災株式会社」と代理店契約。以後、優秀代理店として毎年表彰される。

  • 1979年(昭和54年)

    新本社社屋が現在の場所に完成。

  • 1980年(昭和55年)

    創立20周年を迎える。

  • 1989年(平成元年)

    豊島税務署より、優良申告法人に表敬され、現在に至っている(豊島優申会会員)。

  • 1990年(平成2年)

    創立30周年を迎える。

  • 1993年(平成5年)

    長年の消防行政への協力に対して、東京消防庁より感謝状が贈られる。

  • 1998年(平成10年)

    会長に浦野辰三郎が就任。
    代表取締役社長に浦野静夫が就任。

  • 2000年(平成12年)

    創立40周年を迎える。

  • 2007年(平成19年)

    長年の赤十字事業の貢献に対して、日本赤十字社より「金色有功章」が贈られる。

  • 2009年(平成21年)

    東京都中央区明石町に中央営業所を開設。

  • 2010年(平成22年)

    創立50周年を迎える。

  • 2010年(平成22年)

    ISO27001/ISMSを認証取得。

  • 2011年(平成23年)

    東京都三鷹市牟礼に三鷹営業所を開設。

  • 2014年(平成26年)

    株式会社眞和を子会社とする。

  • 2014年(平成26年)

    中国上海市に上海浦野消防科技有限公司を設立。

  • 2016年(平成28年)

    インドネシアにPT Urano Anzen Indonesiaを創立。