ガス系消火設備等の点検

g-inspection

ガス系消火設備等の点検要領改正

平成21年3月31日、消防予第132号により設置後15年を経過した容器弁は、20年までに安全性に関する機器点検を実施することになりました。
不活性ガス消火設備」、「ハロゲン化物消火設備」、「粉末消火設備」、「パッケージ型消火設備」及び「パッケージ型自動消火設備」の貯蔵容器、加圧用ガス容器及び起動用ガス容器の容器弁のうち、容器弁の封板等に損傷、腐食又は漏れのあるもの並びに設置後15 年を経過した容器弁及び当該点検を実施後15 年を経過した容器弁が対象となります。

点検項目について

点検項目は下記の6点です。

  • 1.外観点検
  • 2.構造、形状、寸法点検
  • 3.耐圧点検
  • 4.気密点検
  • 5.安全装置等作動点検
  • 6.表示点検

容器を工場に持ち帰った後ガスを抜き取り、容器弁を取外して点検を行います。
この間、同仕様の代替容器を設置して当該設備を正常に継続・維持します。