耐圧性能試験

pressure-test

耐圧性能試験とは

ビルやマンションなどの消防用設備のうち、【連結送水管設備】、【屋内消火栓設備】が耐圧性能試験の対象となります。
連結送水管設備・屋内消火栓設備は、これまでの法令点検では、外観・機能点検及び総合点検をそれぞれ年1回、計年2回の点検が必要義務だったのですが、法改正により、設置後10年を越えるものについては、実際に火災が発生した際、設備が正常に機能できるように火災時の消火活動に必要な水圧に耐えらるか否かの試験を、3年毎に実施する項目が追加されました。(消防法第17条3の3 平成14年3月13日交付)

対象及び点検時期

連結送水管・・・設置後10年を経過したものにつき、3年ごとに実施
消防ホース・・・設置(製造年月)後、10年を経過したものにつき、3年ごとに実施。※ただし、易操作性1号及び2号消火栓ホースはのぞく。(ホースを新しく設置した場合は取替(製造年月)後、10年間は免除されます)