自家発電設備の点検方法が改正されました。 2018.10.26

改正前の問題点

・負荷運転実施の際、商用電源を停電させなければ実負荷による点検ができない場合がある。

・屋上や地階など、自家発電設備の設置場所によっては擬似負荷装置の配置が困難となり、装置を利用した点検ができない場合がある。

自家発電の点検方法改正 自家発電の点検方法改正

詳細は平成30年6月1日消防庁消防法施行規則等の一部を改正する省令(案)等に対する意見公募の結果および改正省令等の公布をご参照ください。